手描友禅とは
 
元禄時代に扇絵師の宮崎友禅斎が考案した糸目糊を使って白生地を色鮮やかに染める技法。
以降は多彩で絵画的な表現ができるようになった。
数十種類の工程の中から主だった工程は、図案、草稿、下絵、糸目糊置き、
色挿し、伏せ、引染、蒸し、水洗、仕上げの順に進めていく。
 
 
・図案
 
小下絵(縮小した紙にデザインする)を描く
 
 
 
 
・草稿
 
小下絵で描いたデザインを原寸大に拡大する
 
 
 
 
・下絵
 
青花(露草を絞った汁、水で濡らすと消える)で生地に草稿の絵を写していく
 
 
 
 
・糸目糊置き
 
下絵で写した線の上に糸目糊を筒に入れておいていく
完成時に白い輪郭線になり、色挿しをする際に隣り合う色が混ざらない堰になります
 
 
 
 
・色挿し
 
糸目糊を置いた柄の中に色を塗っていく
 
 
 
 
・伏せ
 
色挿しした柄に、引き染めの色が入らないように伏せ糊を置いていく
はみ出すと地色が入らず、隙間ができると柄に色が入ってしまいますので慎重に置いていきます
 
 
 
 
・引染
 
刷毛を使って染めていく
色に深みを出すために、何度も染める場合もあります
刷毛のムラがいかないようにすばやく染めていきます
濃度や色目が変わったりするので、染め始めると終わるまで中断はできません
 
 
 
 
・蒸し
 
蒸すことで染料を発色及び定着させる
 
 
・水洗
 
糊や余分な染料を洗い落とす
 
 
 
 
・仕上げ
 
金箔を貼ったり刺繍をする