What's New

100

手描友禅の「引染」(地染め)の技術を使って朝焼け、夕焼けのイメージの色をグラデーションに染めたストール。

刷毛を使って色をぼかし合わせています。

これからの季節に男女問わず使っていただけるストールです。

 

17、18日とホテルカンラで行われる、工芸の見本市&展示販売会に参加します。
ホテルの客室を会場としていろんな方々が出展されます。
客室ごとに展示の仕方が変わると思うので楽しい展示になるのではないでしょうか。
DIALOGUE(=対話)とのことなので、制作者にどんどん話しかけていっても大丈夫ですよ。
わからないことや、些細な事でも何でも聞いてみましょう(^-^)
お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りください。

 

出展する部屋は312です。
takenaka kinsai(金彩)さんと、 urush/ 石川漆工房(漆芸)さんとご一緒させていただきます。

 

Kyoto Crafts Exhibition
“DIALOGUE”
テーマ「旅と工芸」
会期:2018年 3月17日(土) 11:00 ~ 18:00
        18日(日) 11:00 ~ 17:00
会場:ホテルカンラ京都
京都市下京区 烏丸通六条下る北町190


https://www.hotelkanra.jp/

 

入場無料

 

アクセス
京都駅(JR)中央口より徒歩12分、五条駅(地下鉄烏丸線) 8番出口より徒歩1分

 

以下Facebookページより
KOUGEI NOWは、「工芸を“未来志向”のものづくりへ」というキーワードのもと、手しごとを中心としたものづくりの新しい在り方を探っていくためのプロジェクトです。
今年は、「旅と工芸」をテーマに、工芸品の産地としての京都を旅していただくような気分で、工芸の企画に携わる仕事をしている方や、工芸に関心のある一般のお客様に、作品やプロダクトの展示販売会を楽しんでいただければと思います。会場となるのは旅の拠点としての機能を持つホテルの客室やエントランスです。作品や作り手との”DIALOGUE”(=対話)を通して、工芸の未来を考えるきっかけとなれば幸いです。


http://kougeinow.com/

 

SNSで出展者情報を発信しています。


Facebook
https://www.facebook.com/KOUGEINOW/

Instagram
https://www.instagram.com/kougeinow/

 

<CREDIT>


主催:京都府
共催:京都リサーチパーク株式会社、ホテルカンラ京都


DIRECTION:
山崎 伸吾(京都リサーチパーク株式会社、京都職人工房)


ART DIRECTOR:
サノワタル(SANOWATARU DESIGN OFFICE .INC)


GRAPHIC DESIGN:
サノワタル、長村マリン(SANOWATARU DESIGNOFFICE.INC)、本田 コウイチ(PNG design)


ARTWORK:
Ryosuke Aruse


PRESS:
野口 卓海(京都リサーチパーク株式会社)、木薮 愛


ホテルカンラ京都:
友岡 大輔、三好 風


<EXHIBITION>
企画:藤井 昌弘(COME)、北澤 みずき、山崎 伸吾、崎川 真璃絵


<TOUR>
企画:北林 功(COS KYOTO)


<協力>
Design Week Kyoto実行委員会、CEMENT PRODUCE DESIGN、EXS.Inc、
KYOTO CRAFTS MAGAZINE、京都市、「伝統産業の日」実行委員会、D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学

https://www.facebook.com/events/150707245603823/

 

 

 

2月22日、23日と渋谷ヒカリエで行われる展示会へ参加します。


対象が企業の仕入、商品開発、企画関係のご担当者、デザイナー、プランナーなどの専門職の方、メディア関係者の方なので、一般の方はご入場できませんが関係者の方でご興味のある方はぜひお越しください。

 

手描友禅の技術で染めた革バングル手纏「tamaki」と、日本の伝統色をイメージしたひし形ストールと革スカーフリングのセット「承彩」を展示予定です。

 

●首都圏販路開拓支援プロジェクト
京都知恵産業フェア2018 ~New Style Selection By Kyoto~
開催期間:2018年2月 22日(木)11:00~19:00※レセプション 17:30~18:30
23日(金)10:00~17:00
会場:渋谷ヒカリエ(9階)Hikarie Hall (東京都渋谷区渋谷2-21-1)
http://www.hikarie.jp/access/index.html
※レセプションも同会場で実施します。
お問合せ先
京都知恵産業フェア実行委員会事務局
〒604-0862
京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都商工会議所ビル6階 京都産業育成コンソーシアム内
TEL:075-211-1880 FAX:075-211-1881
E-mail:kyoto-chiefair@kyo.or.jp
URL:https://www.kyoto-conso.jp/kyoto_chiefair/

 

 

 

 

 

coto mono michi at TOKYOで2月10日(土)~20日(火)まで行われるイベント「京都メイドの用の美~産地ゴト展vol.09“京都”~」に参加します。
残念ながら会期中、会場へは行けそうにないのですが、最近イチ押しの革バングル「手纏「tamaki」を出品します!
職人によるワークショップも開催されます。
ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。

【産地ゴト展 “京都”】
開催期間:2018年2月7日(水)~2月20日(火)
※2月15日のみ休業
※2月7~9日はバイヤー&プレス向け内覧会となっております
営業時間:11:00~19:00(※最終日は17:00 CLOSE)
会場:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
     東京都港区南青山5-2-16 青山フレックスA
     http://coto-mono-michi.jp/access/

◎ワークショップ(https://www.facebook.com/events/1422044747907714/

2/10(土) 11:00~ / 12:00~ 全2回
絹の紐を結んで銀のアクセサリーづくり
いのいえ はなえ

2/10(土) 14:00~ / 1○:00~ 全2回
真鍮をたたいてつくるリング・バングルづくり
富永大士

2/11(日) 14:00~
金継ぎ体験
追立 睦

2/12(月) 13:00~ / 15:00~ 全2回
金箔押し体験
藤澤 典史

2/17(土) 13:00~ / 15:00~ / 17:00~ 全3回
金彩でアクセサリー&コンパクトミラーづくり
竹中 大輔

2/18(日) 11:00~ / 14:00~ 全2回
MYぐるみづくり
山さき あさ彦

以下イベントページより(https://www.facebook.com/events/516449925399042/

セメントプロデュースデザインが手がけるコトモノミチ at TOKYOでは、
産地ゴト展 第9弾「京都メイドの用の美 〜産地ゴト展 vol.09 “京都”〜」を
2月10日(土)〜20日(火)まで開催します。

毎回人気の産地ゴト展“京都”ですが、今回は「用の美」をテーマに古くから受け継がれてきた技術を生かし、現代に生きる職人の感性により生み出された「用の美」の数々を集めました。皆さんにも知って頂きたい、ただ美しく使いやすいだけではない、生活に溶け込み人々の心を満たす京都の工芸品の数々を。

今回も期間中の週末にいろんな京都の技術を体感できるワークショップを開催いたします。コトモノミチでは初開催のワークショップもありますよ。
この機会に、京都の工芸を体感しにいらしてくださいませ。

開催日時: 2/10(土) 11:00 〜 2/20(火) 17:00 (2/15のみ休業)
開催場所: コトモノミチ at TOKYO

毎週日曜、朝6:15~30まで放送されている「京都知新」という番組で2月4日(日)に取り上げていただく予定です。

取材では下絵、糸目糊置き、色挿し、引染やストールや、バングルといった商品も撮影していただきました。

どのように編集していただいているか楽しみです。

MBSのサイトから1週間無料動画も見られますので見逃した方はそちらでみてください。

http://www.mbs.jp/kyoto/

 

京都知新~京都を温めて新しきを知る~

概要
『京都知新』では、京都伝統文化の「動」=「新」の部分に光を当て、「京都を温めて新しきを知る」番組をめざしていく。 「遺産」という「過去完了形」の取材対象だけではなく、伝統の上に立つ時代時代の新しさを追求している「現在進行形」の芸術家、建築家、職人、舞踏家、前衛アーティストらを取り上げ、京都1200年の美のタイムラインに「新」を発見していく。
出演者
升毅(ナレーション)

阪急うめだ本店で行うイベント「京都手しごと祝いもの」へ参加します。

革バングル、ストール、革名刺入れなど出品予定です。

1月10日(水)、13日(土)、14日(日)はお店にいる予定です。

近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

京都手しごと祝いもの

日時:1月10日(水)~16日(火) 日~木10:00~20:00/金・土10:00~21:00(最終日は17:00まで)

場所:阪急うめだ本店 10階 うめだスーク 中央街区パーク

 

 

10月28日から始まった、京ものセレクション「お茶の京都」~平成のへうげもの展~も12月7日まであともう少しとなりました。
明日、11月26日(日)は実演をします。
13:00頃から16:00か17:00頃までする予定にしています。
ハンカチに彩色をする実演をしながらその場で販売もしたいと思っています。
お時間いただきましたら、ご希望の配色でお渡しすることもできたらなと考えております。(用意した色の中から選んでいただきます。1枚20~30分お時間いただきます。)
京都茶寮さんで休憩している間に完成してお渡し、というのが理想ですが重なればもう少しお時間いただくこともあります。
その他、ストール、ふくさ、名刺入れ、トートバッグも販売する予定です。
ご興味のある方はぜひお越しください。

京ものセレクション「お茶の京都」~平成のへうげもの展~
日時:10月28日(土)~12月7日(木)10:00~19:00
場所:ギャラリーカフェ 京都茶寮
京都市下京区鳥丸通塩小路下ル 京都駅ビル 2F
( 京都駅ビル南北自由通路 駅ビルインフォメーション横 )
お問い合わせ先:TEL&FAX 075-342-2170
営業時間:
ギャラリー 10:00〜19:00
カフェ 12:00〜19:00( LO 18:30 )

10月28日(土)~12月7日(木)まで京都駅にある京都茶寮にて行われる展示会に参加します。
革の懐紙入れとバッグを出品します。
11月26日(日)には実演もする予定です。
お時間ございましたらぜひお立ち寄りください。

京ものセレクション「お茶の京都」~平成のへうげもの展~
日時:10月28日(土)~12月7日(木)10:00~19:00
場所:ギャラリーカフェ 京都茶寮
京都市下京区鳥丸通塩小路下ル 京都駅ビル 2F
( 京都駅ビル南北自由通路 駅ビルインフォメーション横 )
お問い合わせ先:TEL&FAX 075-342-2170
営業時間:
ギャラリー 10:00〜19:00
カフェ 12:00〜19:00( LO 18:30 )

テーマ 平成のへうげもの
千利休が大成させた茶道を継承しつつ大胆かつ自由なデザインや色づかいを出現させた古田織部は「へうげもの(ひょうげもの)」とあだ名された。
今回は「お茶をする空間」を演出するアイテムとして、伝統工芸の技術・技法を取り入れながら、今のライフスタイルに合わせた工芸品やインテリア等を展示販売。お茶を飲むシーンを前提として、独創的な発想を取り入れた“へうげもの”を想起させる商品。
(テーマに沿っていない作品も展示されます)

 

 

 

園部で行われる京都新光悦村秋祭りに実演として参加します。

色んなイベントがあるので興味がございましたらぜひお越しください。

京都新光悦村秋祭り

日時:10月14日(土)10:00-16:00

場所:京都新光悦村内 井筒八つ橋本舗

 

 

 

 

 

10月11日(水)~15日(日)まで京都文化博物館5階で行われる
京の名工展でのー京の若手職人「京もの認定工芸士」作品展ー
に革ブックカバーを出品します。

京の名工展 -京の若手職人「京もの認定工芸士」作品展ー

日時:10月11日(水)~15日(日) 10:00-18:00(最終日16:00まで)

場所:京都文化博物館5階


お時間ございましたらぜひお立ち寄りください。

今回のブックカバーは、手描友禅の技術で革を染めています。
草稿を描く→革を裁断する→下絵を写す→柄を伏せる(防染)→地をグラデーションに染める→柄に糸目糊を置く→柄を彩色する→糊を落として色の定着コーテイング、コバ磨き→縫製
大体このような工程で制作しました。

菊、竹をモチーフにしていますが、男女問わず使えるよう臙脂の濃淡で表現しています。
着物姿の男性が、近くの公園や鴨川のようなところで読書するというようなイメージで制作しました。
そういうのカッコイイですよね(^-^)
興味のある方はぜひ実物を見ていただいて想像をめぐらしてほしいです。
自分ならこうかな?、ああかな?って。
工芸の技術だけでなく、そういう見方もできたら面白いのではないでしょうか(^-^)
今回はそのような陳列ができないかと考えています。
ぜひ想像しに来てください!

10月7日(土)~20日(金)まで
京もの認定工芸士/有志の会『響』の展示会、~ひびきはじめ~
に手描友禅ストール「霞がさね 四季草花」を出品します。
会期中にはトークショーやワークショップも開催されます。
お時間ございましたらぜひお立ち寄りください。

会場はaeru gojoさんです。
aeruさんは「日本の伝統を次世代につなげたい」という想いで「0から6歳の伝統ブランドaeru」を展開されています。
お子さんがスプーンを使って食事をするとき、スプーンでうまくすくえるように、かえしのついた器、こぼしにくい器などを日本各地の職人さんと制作し販売されています。
日本の伝統技術を使ってお子さんにやさしいものを作られています。
各地の技術を使っていろんなものを制作されているので、工芸に興味のある方なら、そちらの方も見て楽しんでもらえるのではないでしょうか。

展示会詳細


未来の伝統産業を担う若手職人の中でも特に技術に優れ、意欲あるものに京都府から授与される称号「京もの認定工芸士」

この「京もの認定工芸士」の称号を授与された若手職人から構成され、来年度からの発足を目指す職人集団『響』

『響』正式結成前のプレイベントとして今回『aeru gojo』様にて展示会を開催することになりました。

 

京もの認定工芸士/有志の会『響』展示会

    ~ひびきはじめ~

期間:10月7日(土)~10月20日(金)
場所:aeru gojo
〒600-8427 京都府京都市下京区下京区玉津島町298
松原通室町東入
時間:10:00~17:00 水曜定休日

トークショー
10月14日(土)18:30~19:30

ワークショップ
10月15日(日)
11:00~12:00
13:00~14:00
定員:5名様
費用:お一人様2,500円(税込)

講師:關  敬介 京仏具
1978年 5月19日生まれ 39歳
三重県 津市在住。
平成9年 京都伝統工芸専門学校入学
平成11年 同校卒業、蒔絵の講師をしていた下出祐太郎に師事
平成12年 京仏壇・京仏具技術コンクール展 中小企業団体中央会会長賞
平成13年 京仏壇・京仏具技術コンクール展 市長賞
平成14年 京仏壇・京仏具技術コンクール展 商工会議所会頭賞
平成17年 京仏壇・京仏具技術コンクール展 伝統的工芸品産業復興協会会長賞
平成19年 独立、実家の關仏壇製作所に勤める。

幼少の頃から、絵を描く事が好き。
当時、『この子は、蒔絵師が合うんじゃないか』と母に言われた事が蒔絵の道に入るきっかけとなる。
仏具関係の蒔絵を主な仕事としているが、スマホケース、蒔絵アクセサリー、普段使いのできるお食い初めなど、現代の生活にマッチした作品を製作する。
蒔絵のデザインも昔の図柄にとらわれず、可愛い図柄から本格化な図柄まで、幅広く手がける。

今回のワークショップは漆で固めた蒔絵の研ぎと磨きの作業をして頂きます。
(研ぎ出し磨き技法)
お好みの色と蒔絵の絵柄が入ったコースターを一つ選んでもらい、漆で固めた蒔絵部分を砥いでピカピカにしていく内容になります。(水や磨き粉を使いますので、汚れてもよい格好できて下さい)

参加の申し込みはこちらへ
11:00~12:00 :5名先着
facebookの場合
https://www.facebook.com/events/1599283366808939/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22plan_user_joined%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_t=plan_user_joined&notif_id=1505876560257424

Peatix の場合
http://peatix.com/event/303185/view

13:00~14:00  :5名先着
facebookの場合
https://www.facebook.com/events/126996144695113/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22plan_user_joined%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_t=plan_user_joined&notif_id=1505876568155759

Peatix の場合
http://peatix.com/event/303193/view

参加メンバー
上仲 昭浩 京友禅
横田 武裕 京友禅
佐藤 稚子 京友禅
上仲 正茂 京友禅
古橋 敏史 京友禅
平居 幹央 西陣織
山下 賢二 西陣織
岡山 高大 京焼・清水焼
並川 昌夫 京焼・清水焼
杉村 陽子 京焼・清水焼
關   敬介 京仏具
南篠 和哉 京仏具
藤澤 典史 京仏具

実演&ワークショップのイベント行います。

 

場所:FIND CRAFT & WORKS(堀川団地、京都 堀川通下長者町通少し北へ歩いたところ)
日時:9月8日(金)11:00~17:00
       9日(土)11:00~17:00

内容は色挿し(彩色)の実演とハンカチや手ぬぐいに色を塗ってもらう体験をしてもらいます!

その他商品も少し陳列します。
ご購入いただけたり、それらを見て「こういうものは作れませんか?」といった受注相談もやります。

 

手描友禅は数を制作できる技術でなく、制作しようとするもの(商品、作品)のために図案など一から考えてお客様の想うイメージへ少しでも近づけるように一つ一つ柄や配色を変えられる、想いをかたちにする技術です。
お公家さんや武士といった人へ制作していた時代から現代までとても高価で贅沢なものです。
ですが、同じものが大量にあふれている現代だからこそ自分のためや大切な人へ贈る気持ち、想いをかたちにしてみませんか?
自分の想いをかたちにしたものを身につけたり、普段から使うということは毎日が心地よく穏やかに過ごせるものと思います。
大切な人への想いを込めた贈り物は大切な人の気持ちをやさしく豊かにします。
そのような豊かな生活をおくってみませんか。

 

自分にとって特別なもの・・おつくりします。
お気軽にお声がけください。

 

お時間ございましたら是非お立ち寄りくださり体験していってください!

 

以下「FIND CRAFT & WORKS」Facebookイベントページより

京都堀川下長者町上る 堀川団地一階で友禅染が体験できます。美しい色合いと伝統の技法を目の前でご覧頂き、ご自身で体験頂けます。

■9月8日 11:00〜17:00
・ワークショップ
・別注相談会

■9月9日 11:00〜17:00
・友禅染ライブ実演 12:00/14:00
・ワークショップ

《ワークショップ》
友禅染を体験。友禅染の技法を用い、筆で布に絵付けをして頂けます。海外の方、小学生歓迎^_^

参加費用 2000円〜(ハンカチサイズ生地〜)
所要時間 30分程度

出来上がりましたら、そのままお持ち帰り頂けます。

ご予約頂けますと待たずにご案内できます。
FB若しくはホームページよりご連絡お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

2017 7月29日(土) MBS毎日放送の21:54~22:00までの番組「Catch!!]に紹介していただきます。

テーマ 
武骨な手…繊細な手…大きな手…優しい手…人の顔がそれぞれ違うように、手もそれぞれ違います。
手には、その人の職業や人柄、生きざますべてが現れています。
その手でモノを作り出し、未来を描き、また夢を掴もうとしているアスリート、職人、アーティスト、
クリエイターたち。そんな彼らの情熱やひたむきさ魅力を伝えます!

6月25日(日)に行われる「京都オークション in Tokyo」に上仲正茂として参加します!

作品は革バングルです。
柔らかな肌触りの良い革に手描友禅の技術で菊を染めています。
糸目糊を置いて丁寧に筆で彩色しています。
綺麗に!華やかに!という想いを込めて刺繍も仕立も全てやっています。
16日(金)~24日(土)までは展示もされます。
是非実物も見て、参加もしていただければと思います。
25日は会場に行きます!
参加者と職人による交流会も予定されていますので気軽にお
声がけいただければうれしいです(^-^)

詳細
メルセデス・ベンツ コネクション(東京)では、日本初のsmart cityとなる京都府とのコラボレーション「smart city project in 京都(スマートシティプロジェクトイン京都)」の一環として、伝統産業に携わる若手職人の商品を多くの方に知っていただくとともに、京もの工芸品の新たな市場の創出を目的として「京都オークション in Tokyo」を開催します。

■オークション出品アイテム展示期間
6月16日(金)~6月24日(土)

■オークション開催日時
日時:2017年6月25日(日)14:00~17:45
 14:00~14:30  出品職人によるトークショー
 14:30~15:00  職人からの商品紹介
 15:00~15:30  参加者と職人による交流会
 15:30~17:45  競売開始(うち休憩15分)

■開催場所
メルセデス・ベンツ コネクション(東京)
※専用駐車場のご用意がございません。
 公共の交通機関でお越しいただくか、お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください。

■オークション参加お申込み
https://www.shinsei.elg-front.jp/kyoto/uketsuke/dform.do…
http://www.mercedes-benz-connection.com/…/tokyo/event/00164…

 

ギャラリーで行われる5人展に参加します。

「伝統・創造・5人展」


【開催要領】


会期 2017年4月28日(金)~5月14日(日)

時間 12時~18時 (会期中無休)

会場 紅椿それいゆ 京都市中京区壬生御所ノ内町46-1
           千本通四条上る 東側
入場 無料

【出展/参画】(五十音順)
上仲 昭浩 (金彩工芸)
上仲 正茂 (京友禅)
太田 勲  (京漆器)
柴田 泰久 (京焼)
高比良 護 (竹工芸)

3月29日よりジェイアール京都伊勢丹と阪急百貨店うめだ本店でのイベントに参加します。

京都KANKOU

日時:3月29日(水)〜4月4日(火)  10:00~20:00

場所:ジェイアール京都伊勢丹 5階特設会場

伝統の宿る手仕事や、未来を感じるテクノロジーを通して”これからのくらし”を提案する「KORI-SHOW PROJECT」が新しい京都の魅力を提案する「京都KANKOU」。
ファッションディレクター山口 壮大氏ディレクションのもと、4回目の開催となる今回は「暮らし」を題材とし、京都を拠点として活躍する「職人」や独自の土壌に育まれた「ものづくりの背景」に焦点を当て 「背景に流れる’本物’のストーリー」を再提案します。

1月に行われた時と同じく手描きトートバッグを出品します。

ファッションディレクター 山口壮大氏 ディレクションの元、キャンバス地のトートバッグを制作しました。手描友禅の工程の「引染」で使う小刷毛を使ってボーダー、ドット、チェックをフリーハンドで描いています。刷毛による色のかすれやにじみを活かしたデザインになっています。大きさもランチボックスを入れるのに最適なものとなっています。

おとぎの国の工芸~京都で育んだ新しいニッポン美~

日時:3月29日(水)〜4月4日(火)  月~木10:00~20:00

                金、土10:00~21:00

                最終日17:00まで

 

場所:阪急うめだ本店 10階うめだスーク中央街区パーク

阪急うめだスーク10階に、工芸のメルヘンパークが出現
京都で育まれた新しいニッポン美が大集合。
そっと寄り添いたくなる「今」を生きるアイテムに出会うチャンス。

そして、日替わりで繰り広げられる、職人トーク。
まるで職人がお客様におとぎ話をするかのように制作のエピソード話が。
これは必聴です!

トークは4月1日(土)18:00~ 「未来の着物職人の働き方」をテーマに上仲兄弟で行います。

 

1月4日(水)~10日(火)までジェイアール京都伊勢丹にてイベントに参加します。

ファッションディレクター 山口壮大氏 ディレクションの元、キャンバス地のトートバッグを制作しました。

手描友禅の工程の「引染」で使う小刷毛を使ってボーダー、ドット、チェックをフリーハンドで描いています。

刷毛による色のかすれやにじみを活かしたデザインになっています。

大きさもランチボックスを入れるのに最適なものとなっています。

 

「京都KANKOU」


場所:ジェイアール京都伊勢丹5F 特設会場

日時:2017年1月4日(水)~10日(火) 10:00~20:00

伝統の宿る手仕事や、未来を感じるテクノロジーを通して”これからのくらし”を提案する〈KORI-SHOW PROJECT〉が新しい京都の魅力を提案する「京都KANKOU」。


三回目の開催となる今回は「風土」を題材とし、京都を拠点として活躍する「職人」や、独自の土壌に育まれた「ものづくりの背景」に焦点を当て、京都の「風土」を新たな視点から提案いたします。

 

阪急百貨店のイベントに参加します。

「厳選職人の技」

日時:12月26日(月)~31日(土)

    26~29日10:00~20:00

    30日10:00~21:00

    31日10:00~18:00

場所:阪急百貨店うめだ本店 9階催場

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/syokunin2016/index.html

ストールや財布などを出展します。